30歳からのブーツライフ

これからブーツを履こうとしている方の参考になれば嬉しいです!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エンジニアのサイズを決めた基準

今回は管理人がエンジニアブーツを購入する際にサイズを決めた基準についてお話させた頂きます。


まず、はじめにエンジニアを履く際に、知人から言われた事は『エンジニアは足の甲の部分で履く物だから、基準は甲の部分で決めた方がいいよ』と言われました。


確かにエンジニアブーツには紐が無いので紐で調節ってわけにはいきませんよね。


実際に試着してみると、最終的に2種類のサイズが残りました。ここでは、小さい方、大きい方と呼ぶ事とします。



小さい方のサイズは、履く時の入り口部分での引っ掛かりが強く、椅子に座らないと履けないくらいでした。しかし、足の縦のサイズはピッタリな感じがしました。甲の部分はややキツメです。

次に、大きい方のサイズを履いてみたら、入り口の部分はややすんなりと入り、苦にならない感じで履くことが出来ました。足の縦のサイズはやや大きいかな?という感じでした。甲の部分は小さいサイズと比べるとやや緩い感覚です。

試着にて歩いてみると若干ではありますがカカトが浮きました。


そこで、最終的な判断の決め手となったのが、見た目でした。


管理人はブーツは見た目重視で履いています。そこに、機能は求めていません。機能を求めるならば大人しくスニーカーを履きます。

また、ブーツは若干大きめがカッコイイと思っています。少しくらい大きめの方が見た目的にもしっくりきます。


特にエンジニアは大きめがカッコイイと思っているので、大きい方のサイズを購入しました。カカトが浮く事も中敷きでコントロール出来る範囲だと判断しました。(実際には中敷きは使用していません)

これでも、実際に私生活で履いてみると、甲の部分が絞めつけられ、最初は辛かったですね。何回か履いているうちに軽減してきますが、履かない期間が長くなると、また絞めつけられる感覚が戻っていたので大変でした・・・。

しかし、見た目のサイズはバッチリなので後悔は全くしていません!




なんやかんやと言いましたが、個人的な感想なので、最終的には自己判断にてお願い致します。

あくまでご参考までに。


>>>次回記事 『流行りに流されないスタイル』

| RED WING | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aisuruboots.blog.fc2.com/tb.php/39-17dcf051

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。